留学の先を見る

とある修士トビタテ生の日々の記録です.食品に関する研究をしています.9月から米→仏→蘭と留学します.

観光ついでに食品工学会に参加してきた(逆)

更新が滞り気味ですが,久々に備忘録を.

8月の8-9日で,第18回 日本食品工学会の年次大会に参加してきた.

そして今年は,自分の研究室の教授が長年の功績を讃えられて学会賞を受賞した記念回.

 

自分にとっては大学編入してから初の学会,2週間近くは準備に追われてて更新ができなかったということにしておこう.

 

内容に関してはコンプライアンスがあると思うので,触れない程度に簡単に書く.

 

食品工学会とは

www.jsfe.jp

 

上記のリンクの通り,工学的側面から食品という分野を広く研究する研究者・技術者の集まり.

今年で18回目の年次大会で,今回は関西大学千里山キャンパスで開催された.

関西大学初めてきたけど,屋外にエスカレーターあるし,建物は綺麗だし,さすが有名私大・・・

と貧乏国立大の僕は思いましたとさ.

 

f:id:woody-tobitate:20170810083544j:plain

 

 

会員数はそんなに多くない.学会の運営に専任の社員さんがいない程度,といえばお判りいただけるだろうか.

そしてやっぱり社会人の会員数の割合がかなり高いと思う.

自分は以前は化学専攻だったけど,この学問分野と学会だったりに触れるようになってから,企業の出展の多さにほんとに驚く.

食品という実用的,応用的な研究分野だから,大企業から中小企業まで,基礎的な研究から独自の技術まで,本当に広い専門知識を聞くことができる.

そして機械学習を応用した研究もちらほら,やはりここへもAIの侵食は免れないのか・・・

 

食品の研究をしていてすごくいい点だなと思うのは,やはり応用研究であるため,自分の生活,消費活動にすごく近い点.こういった学会でも企業の方と交流がしやすい,そこが本当に魅力だと思う.

 

発表は2日目だったので,1日目は他の人の発表と懇親会参加だけだった.

懇親会の2次会でも某有名企業の研究者の方々とかいて,たくさん媚を売ってきたご挨拶してきた.

 

なぜか知らないけど,IPAであいうえお作文自己紹介をするという謎企画.

飲み会って怖い.社会人のコミュ力怖い.

ちなみに僕は,学会賞の教授のもとで学んでるという前置きの後,

I いつも
P ぷらぷらと

A 遊んでます!

って言ったら割と受けた.

 

その中でトビタテの二次審査で面接をしてくれた人事さんの会社の方がいたので,本人ではないけどお礼を言っておいた.かなり明るい方だったので,

「御社が僕に合格をくれたのでたくさんお金をもらって留学してきます!」

と笑って言ったら,突然真剣な顔になり

「君,今自分がなんでもできる気分になってて得意げやろ?

 でも留学中に成果を出すことは難しい,出せなかった場合何が大切だと思う?」

と言われた.

確かにそんな気分だったのかもしれない,というか周りからはそういう風に映るのかとショックを受けつつも,

 

「環境を変えることでしょうか.成果が出ないということはある程度時間が経過して生活に慣れてきた頃だと思うので,それを維持して結果が出ないなら,先生と相談して研究の方向を変えたり,新しい環境に飛び込んだり・・・云々」

 

「うんうん,それも大事だ.でも本当に大事なのは君の命だから.

 留学で成果が出ないからといって,投げやりにならずに,体を大事にして帰ってきなさい.」

 

泣いたよね.泣いてないけど.

最初きつい方なのかな?と思ったけど,初対面の生意気なクソ学生にこんな言葉を投げかけられる,しかもそれが酔ってる時なんて,ずるいよ・・・

そんなことされたらトビタテの2次と相待って,御社にES出すこと確定だよ・・・

 

 

いざ口頭発表

正直僕はあまり緊張しないタイプだ.

学会でオーラル発表は初めてだったんだけど,のほほんと待ってたら自分の番がきた.

しかしここでトラブル.

なんとHDMIの接触が悪いのか,MACがプロジェクターと繋がらない.

ここで緊張というより,テンパる.激しくテンパる.

 

最初の2分を無駄にして発表開始.

発表時間は10分プレゼンの4分質疑応答.

早口で噛み倒しながらなんとかプレゼン終了.なんとかなった・・・

質疑応答もどうにか4分耐え忍び,無事学会が終わりましたとさ. 

 

終わりに

出国前にする最後の学生らしい大仕事が終わった.

出国まであと3週間,しっかり準備しよう.

 

ちなみに今回は交通費をけちって青春18切符ムーンライトながらで大阪まで来た.

学会参加するときにこれはやっちゃダメだわ,体が持たない.

 

京都では高専時代の友人に泊めてもらえた.

忙しそうだけど立派な学生として研究していて本当にすごい.

 

大阪では台湾留学の友達と会う予定もあったし,学会前日には海遊館なんばグランド花月も見れたし,充実した数日になった.

レオロジーの友人にも会えたし,トビタテハウス大阪にも行けた.

 

トビタテハウス大阪についてもまた後で書こうかな.

 

おしまい